年間データ

■太陽の家における取得エネルギー

 冬の日照の極度に少ない東北日本海側の鶴岡市に、2012年末に完成した児玉邸における一年間の電気使用量・料金は下記のとおりでした。この住居のエネルギー自給率は年間60%を超え光熱費はゼロ、しかも約8.5万円の売買益を得ることが出来ました。
 夜間使用量の殆どは補助蓄熱暖房と温水補助で、冬の日照の多い太平洋側に同じスペックで建設すれば、パッシブソーラーシステムが有効に働き、夜間電気使用量が激減し、確実にゼロ・エネルギー住居になります。

Solarchis Data   [2013.1-12]
昼間使用量
[KWh]  
夜間使用量
[KWh] 
太陽光発電量
[KWh]
買電料金  [円] 売電料金  [円] 差   額   [円]
1 115 1,129 215 14,356   9,030    -5,326
2 128  1,172  288 15,184 12,096    -3,088
3   98     974  445 12,717 18,690   +5,973
4 126     566   543  10,124 22,806 +12,682
5   78     113   606    4,369 25,452 +21,083
6   89     102   580    4,622 24,360 +19,738
7   70      71 493   3,805 20,706 +16,901
8   71      88 545   4,128 22,890 +18,762
9 108      94 610   5,546 25,620 +20,074
10 123    224 331   7,651 13,902   +6,251
11 132    930 177  16,762   7,434    -9,328
12 196 1,373 124 24,266   5,208  -19,058
合計 1,334 6,836 4,957 123,530 208,194 +84,664 


no49_kodama003.jpg
【山形県鶴岡市 児玉邸】